町田瑠唯選手、歌手「あいみょん」の曲にパワーもらった!

町田瑠唯 雑記

近年、スポーツ選手が自分の好きなアーティストや趣味を公表することが増えてきました。女子バスケットボール界のスター選手、町田瑠唯さんが歌手も「あいみょん」の大ファンであることを明かしたことは、多くのファンにとって共感を呼びました。

今回はアスリートの町田瑠唯選手がなぜあいみょんのファンになったのか?その理由について深堀りしていきます。

町田瑠唯選手について

町田瑠唯さんは、日本女子バスケットボールリーグ(Wリーグ)で活躍するトップアスリートです。彼女はその卓越した技術とリーダーシップで知られ、日本代表チームでも重要な役割を果たしています。プレーの際の冷静さや戦術眼は多くのファンに支持されており、若い世代の選手にとっても憧れの存在です。

あいみょんへの想い

町田選手があいみょんのファンであることを初めて公表したのは、あるインタビューでのことでした。彼女は「試合前にあいみょんの曲を聴くことで、集中力を高めたりリラックスしたりしている」と語り、その音楽がどれだけ自身にとって大切かを強調しました

あいみょんの歌詞にはとても共感できる部分が多く、彼女の声には心を落ち着かせる力があります」と町田選手は述べています。特に試合前の緊張感をほぐすために、あいみょんの楽曲が大いに役立っているようです。

あいみょんの歌詞には、町田選手が共感できる部分が多く、彼女の曲が持つ感情的な深さと真実性が特に好きなポイントのようです

例えば、あいみょんの曲「貴方解剖純愛歌」や「生きていたんだよな」は、社会からのプレッシャーや個人的な苦悩を乗り越える強さを描いており、町田選手にとって励ましとなっているのかもしれません​ね。

町田瑠唯選手があいみょんの曲で特に好きな曲は「愛の花」だそうです。

町田瑠唯選手のInstagramでも「ずっと会いたかった人に会えました」とツーショットを載せていました。

引用元:町田瑠唯公式X(旧Twitter)

音楽とスポーツの共通点

町田選手があいみょんのファンであることは、音楽とスポーツの間にある共通点を再認識させてくれます。

アーティストとアスリートどちらも人々に感動を与え、自己表現の手段として重要な役割を果たします。アスリートにとって音楽はモチベーションを高めたり、ストレスを解消したりする手助けになることが多いようです。

また、あいみょん自身もインタビューで、日常の小さな不幸や困難を糧にしてクリエイティブな活動を続けていると語っており、その姿勢が町田選手にとって共感を呼ぶ要素となっていることも考えられます。

ファンからの反応

町田選手のあいみょんへの思いに対して、ファンからは多くの温かい反応が寄せられました。

私もあいみょんのファンです!」という共感の声や、「町田選手があいみょんの曲でリラックスしている姿を想像すると親近感がわく」といったコメントが多く見られました。

このように、アスリートと音楽アーティストのファンであることを公表することは、ファンとの距離を縮める一つの方法でもあります。

まとめ

このように、あいみょんの音楽が持つメッセージ性と町田選手自身の価値観や経験が合致していることが、彼女があいみょんの大ファンである理由と言えるでしょう

町田選手の素顔が垣間見えるこのエピソードは、多くの人々にとって新たな発見となり、彼女への応援の気持ちをさらに強めるきっかけとなったと思います。

今後も、町田瑠唯選手がどのようにあいみょんの音楽を取り入れていくのか、そしてその音楽が彼女のプレーにどのように影響を与えるのかに注目が集まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました