石丸伸二氏、都知事選後の各局とのインタビューまとめ

日本テレビ

森アナ「都民の民意が総意とありましたが今回の選挙改めてどう受け止めているのか教えて下さい」

石丸伸二氏「ん?都民の民意が遠いとはどこの話ですか?」

森アナ「えーと先ほどですねあの選挙の結果について仰っていたと思いますけども都民の総意が表れたという言葉がありましたけども改めて今回の結果というのを教えて頂けますか?」

石丸伸二氏「都民の選択が明らかになった・・・ということですよね?それ以上のコメントはないんですけれども」

森アナ「今回の結果について風が吹いた風を吹かせられたというご実感はありますか?」

石丸伸二氏「なんかよくその表現を使われるんですけど一体どんな風を想定していらっしゃるのか興味深くいつも聞いています」

古市さん「あのやっぱり視聴者であるとか都民からするとなんとなく蓮舫さん2位で石丸さん3位というふうに思っていた人が多いと思うんですけど、現状出口調査見ると石丸さん2位らしいとこれは率直に嬉しかったですか?」

石丸伸二氏「いいえとくに。さっきも申し上げた通り、勝ち負けなどというあくまで候補者目線の小さな話をしていないんですね?よろしいですか?これメディアに対する苦言ですよ?あのそういう煽り方をするから都民の意識がだだ下がりなんですよ。いい加減にわかって下さい(拍手が起こる)

古市さん「先ほど石丸さんはインタビューの中で、今後の政治の活動について聞かれた時に国政で広島1区から出る可能性について言及されましたよね?それ都民からすると強烈な違和感があったんです。都民の総意で現状出口調査で2位という状況にあるにも関わらずその都知事選の選挙の開票が続いている状況の中で国政で広島1区から出る可能性について言及されたってことは結局都知事選ってただの踏み台だったのかな売名行為だったのかなというふうに思ってしまったんですがこの点に関してはどうですか?」

石丸伸二氏「それは論理が飛躍しているし下衆の勘繰りでしかないですよね?先ほど聞かれたので可能性を言及しただけです。意思は無いというふうにも言っています。文脈は把握されていますか?」

古市さん「えーとごめんなさい、じゃあ改めて聞きますけども国政から出る可能性はあるってことですよね?」

石丸伸二氏「(フフっと笑いながら)それは政治家をやっている以上あらゆる選択肢はテーブルにある当たり前の話をしているだけですよ」

古市さん「はい、でもただ東京都知事選に出たわけです。しかも国政でもなく他の市長選でもなく都知事選というものに出馬されたわけですよね?その中で会見の場で広島1区からというあれは冗談だったんですか?」

石丸伸二氏「いやいや冗談ではなく、選択肢として考えられるものはなにか、例えばこれでアメリカの大統領選に出るって言ったら冗談でしょそりゃ、でしょう?実現可能な選択肢をあげたにすぎませんそれ以上の意味はないです。

古市さん「具体的な選挙区まで挙げたのはどういう意味ですか?」

石丸伸二氏「質問、質問を受けたのでその一例を返しただけです。」

古市さん「ただ選挙区まで挙げたっていうのは具体性をある種もったわけじゃないですか?その点に関してはどうですか?」

石丸伸二氏「はい、別に広島2区でも3区でもいいんですけどもわかり易い例として広島1区と申し上げました。」

ーーーここで小栗泉キャスターが割って入る。ーーー

小栗キャスター「そうしますと今回は東京都を変えたいということで選挙に出られたわけですけども、じゃあ次4年後の都知事選も視野にあるということでしょうか?」

石丸伸二氏「はい、さきほどそのように答えています。」

小栗キャスター「4年後の都知事選もあれば国政の可能性もある。あの〜ずっとですね石丸さんは政治屋の一掃ということを掲げていらっしゃいました。その言葉自体には爽快感というのが一種あるのかなと思うんですけども、石丸さんが定義する政治屋というのはどういったことですか?」

石丸伸二氏「政治のための政治を行う党利党略、自分第一それらを言っている者やっている者それらを政治屋と定義します。」

小栗キャスター「それは石丸さんが例えば東京を良くしたいというだけではない、国政でもいい広島でもいい、それは政治屋とは違うということでしょうか?」

石丸伸二氏「それはそうだと思いますよ。自分で言ってるんですから。(笑いながら)それで自分が当てはまっていたら洒落にならないでじゃないですか」

小栗キャスター「なるほど、それからですねあの〜出口調査の結果で見ますと無党派層が誰に投票したかという調査で石丸さんが1位になっていました。であの〜選挙の神様ともいわれる今回石丸さんを支援していた藤川しんのすけさんに事前にお話を伺ったら、ネット選挙解禁10年目だと、これまで地上戦5割・空中戦4割・ネット戦が1割という考え方だったけどこれからはネット戦を5割くらいにしないとダメなんじゃないかという風に藤川さん仰っていたんですね。これから選挙のあり方は変わってくるとお考えでしょうか?」

石丸伸二氏「それはもちろん変わると思います。時代が変わってるのでテクノロジーも発達してるのでアップデートしていくのは自然ですよね」

小栗キャスター「あの〜今回そのネットで関心を持っている人が必ずしも投票に行くとは限らなかったようで、出口調査によると石丸さん高齢者それから女性に支持の割合が低いという点があるようなんでうがこの辺り今後はどのように改善していきたいとお考えですか?」

石丸伸二氏「今後というのはどの範囲で仰っています?次の都知事選でという意味ですか?」

小栗キャスター「都知事選でも結構ですし選挙をしていくうえでネット選挙だと今の段階では高齢者や女性の支持を得られていないということでそこを変えるにはどうしていきたいかという質問です」

石丸伸二氏「ん?都知事選に限らない話をされていらっしゃいます?」

小栗キャスター「はい」

石丸伸二氏「都知事選に限らないのであれば答えようがないと思います。だって都知事選の結果について言及されているのでそれ以外の選挙だと当然訴える内容も話変わりますよね」

小栗キャスター「いやあの石丸さんが都知事選も選択してあれば国政も選択肢だと仰っていたので申し上げたんですがじゃあ都知事選に絞りましょう。都知事選でやっていく時に高齢者・女性どういう風に取り込んでいきますか?」

石丸伸二氏「基本のスタンスは変わりません。受ける受けないで政策出したり引っ込めたりというのは有権者を惑わせるんだと思います」

ーーーここで再び古市さんが割って入る。ーーー

古市さん「あの石丸さんから一貫性を感じるんですけど、先程政治屋の一掃という話がありました。まぁ一方で世の中を変えるには別に政治家にならなくても出来ることは沢山あるわけですよね?起業家であるとかNPOであるとか官僚であるとかいろんな形で社会を変えられます。そこの中で石丸さんがある種まぁ政治家にこだわる理由って何なんでしょう?」

石丸伸二氏「いえ、こだわってないですよ」

古市さん「あ、じゃあ別にその可能性として別に国政とか県知事選とかいろんなことが取り沙汰されてますけども別に今後のキャリアとして政治家はあくまでもそのひとつに過ぎないということですか?」

石丸伸二氏「一つに過ぎないというか人生長いですしいろんな選択肢があって当然だと思うんですけどそうでもないんですかね?」

古市さん「じゃあそこの中でなんで今回都知事選に改めて聞きますけども都知事選に出たんですか?」

ーーーここから二人がほぼ同時に喋り始めるーーー

石丸伸二氏「はい、それは安芸高田市長を退任して・・・」

古市さん「別に政治屋の一掃を訴えるなら政治家にならないほうが議論として一貫していると思うんですけど」

石丸伸二氏「ん?一貫?どの一貫を仰っていますか?」

(二人が同時に話しているのでお互いの話が伝わっていません)

古市さん「いわゆる石丸さんが批判する政治屋と石丸さん自身はどう違うんですか?」

石丸伸二氏「ん?なんか堂々巡りになっている気がするんですけど、先程定義についてお話しましたよね?」

古市さん「だから改めて定義を聞いているんですけど石丸さんの考える批判する政治屋と石丸さんが今自分が体現している政治家っていうのはどう違うんですか?その定義を今聞いています」

石丸伸二氏「ん?同じ質問今繰り返されています?さっき答えたばかりです」

古市さん「だからその定義を聞いているんです」

石丸伸二氏「え?もう一回言えってことですか?」

古市さん「いやまだ答えてもらっていないから聞いているんです」

石丸伸二氏「え?政治屋の定・・・え?政治屋の定義さっき言ったばかりですよ?」

古市さん「あ、失礼しました。石丸さんはまず政治屋ってものを批判していますよね?一方で石丸さんは政治活動をされている、市長もやっていました今回都知事選も立候補しました。その批判されている政治屋と石丸さんの政治活動はどう違うんですか?」

石丸伸二氏「ん?さっきの定義の話は?」

古市さん「あ、だからその定義の話を聞いているんです。どう違うんですか?っていう定義の話です」

石丸伸二氏「え?ん?だから・・・え?」

古市さん「だからどう違うんですか?」

石丸伸二氏「言葉の定義じゃなくて・・・ん?相違点を聞いているということですか?

古市さん「だから石丸さんは政治屋を批判しているわけじゃないですか?そこまでは合っていますよね?」

石丸伸二氏「はい」

古市さん「一方で政治活動もされているわけですよね今ね?」

石丸伸二氏「もうちょっとまとめて質問してもらっていいですか?」

ーーーここで時間となり終了ーーー

読売テレビミヤネ屋

宮根さん「今回の結果なんですが残念な結果とはいえ、相当手応えを感じた選挙戦ではなかったかと僕は思うんですが、いかがでしょうか?」

石丸伸二氏「言葉を返してしまって恐縮なんですが残念でもなければ手応えという評価も特にはしてません。」

宮根さん「というと今どういう心境ですか?」

石丸伸二氏「(フフっと笑いながら)これまで山ほど同じ質問に答えてきたんですが繰り返すと、都民の総意が可視化されたというだけの現象ですね。はい、でみなさんがメディアが注目されているのは、候補個人が、ああだこうだ、という話でしかないので実に些末な視点だなというふうに、はい、一蹴しています。」

宮根さん「あのね、あの僕もちょっと頭悪いんで意味良くわからないんですけど、その都民の可視化ってどういうことですか?具体的に言うと」

石丸伸二氏「え?都民が誰を押すかっていうのを一票で表した結果ですよね」

宮根さん「だから石丸さんは選ばれなかった人だっていうただただそういう心境?」

石丸伸二氏「多数決という結果においてはそうですけど、(石丸伸二に)投票された方はいらっしゃるわけですよね。そこに善悪もなければ良し悪しもないという考えです。」

TBS

TBS川瀬さん「選挙が一つ終わったばかりで恐縮なんですけれども、今回石丸さんを支援するために基本の所属の政党を離党した地方議員の方もいらっしゃいました。今後あのー国政などに進出する考えというのはあるのでしょうか?」

石丸伸二氏「(フフッと笑いながら)どのメディアも同じ質問をされるんですが、すべての可能性は当然考えます。可能性はあるという意味です。ただその意思の有無については無いです。」

篠原アナ「では米重さんどうぞ」

JX通信社米重さん「あの、今回報道各社の出口調査では事前の予想と大きく異なりまして蓮舫さんを上回る得票ということが石丸さんに関しては見込まれています。ご自身でこの得票については予想を上回ったと思われますか?それともこう、非常にこのぉあの善戦したという受け止めなのか、それともあまりこうもっと上をいきたかったというお考えなのかどちらでしょうか?」

石丸伸二氏「(鼻で笑いながら)なんという愚問ですか。選挙に出る以上1番上を目指さなくてどうするんですか?アントニオ猪木に怒られますよ(笑)負けることを考えるバカは居ないって(笑)」

JX通信社米重さん「はい・・・ありがとうございます」

篠原アナ「政治屋一掃を掲げましたけど、政治屋というのはどういう人のことを指しますか?」

石丸伸二氏「(笑いながら)さっき日テレにも答えたんですけどもよろしいですか?もうこれどっかに書いて貼っておいて下さい。えー政治のための政治をする党利党略に勤しむ自分第一、これを言ったりやったりしている存在、それを政治屋と定義します。」

篠原アナ「ありがとうございます。そして東京一極集中についても争点として掲げられましたけども、その是正というテーマは都民に響いたと思われますか?」

石丸伸二氏「TBSがあまり報じなかったから響かなかったのかもしれませんね。なんでコレが争点にならないんですか?今まで都政の何を見てこられたんだろうなっていう風に非常に問題意識を強く持ちました。」

TBS川瀬さん「その問題意識というのは今回の選挙戦で伝えられたというふうにお考えですか?」

石丸伸二氏「出馬表明のときから訴えています。しかしTBSがどれだけ報じたかは存じかねます。他にありますか?」

篠原アナ「街頭演説の量・回数が非常に多かったと思いますが、その辺りは振り返ってみていかがですか?」

石丸伸二氏「(笑いながら)何を振り返させようとされてるんですか?さっきもお伝えしたんですが出来ることは全部やるそれだけですね。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました