【動画AI】ついにテキストから動画作成が可能に!Gen-2の登録方法・使い方

AI記事

こんにちは。

最近話題の生成AIはついにテキストから動画が生成されるようになりました。

まだその出来具合は不完全かもしれませんが、

この進化のスピードは尋常じゃなく思えます。

今回、噂の「Gen-2」も無料で使える枠があるのでまずはお試しということで無料で使ってみましたのでレポートします。

まずアカウント登録(無料)

Gen-2のサービスを提供しているのはRunwayという会社

こちらから公式HPへアクセス➡https://runwayml.com/

このトップ画面になるのでまだアカウントを持っていない人は右上の「SignUP」をクリック。

次にこの画面になるので、メールアドレスかGoogleアカウントかアップルアカウントで登録しますが、Googleアカウントで登録した方がラクだと思います。
一応メールアドレスで登録する方法も載せておきます。
メールアドレスでアカウント登録する人は赤枠で囲った部分に自身のメールアドレスを入力します。メールアドレスを入力してNextを押します。

上から順に
・ユーザーネーム(本名じゃなくても多分大丈夫ですが、記号などは使えません)
・6文字以上のパスワード
・パスワード確認の為、再入力
全て入力するとNextが押せるようになります。

ここも多分本名じゃなくても一応登録は出来ます。私は先ほどのユーザーネームとは別のニックネームで登録してみました。
入力を終えたらCreateAccountを押します。

この後、設定したメールアドレスに暗証番号が送られてくるのでその数字を次の画面に入力します。

暗証番号を入力し終えると定期購読しますか?と聞かれるので必要ない人は下のSkipを押して飛ばします。

次に利用プランを選択します。

私はとりあえずお試しで利用したかったので左のフリープランを選択しました。

プランを選択し終えるとGen-2のホーム画面が現れます。

赤枠で囲ったGen-2の文字がある部分をクリックするとプロンプト(テキスト)入力画面になります。

と、その前に恐らく最初だけこの説明ウィンドウが出てくるので必要なかったらSkipで飛ばしましょう。

Gen-2の使い方

ようやくプロンプト(テキスト)入力画面が出てきます。

ここへの入力は全て「英語」で入力して下さい。

私は、「ChatGPT」か「DeepL」を使って英語にしています。

文章なら「ChatGPT」、少ない単語なら「DeepL」がラクかもしれません。

今回入れたプロンプトは
「Animated style, candy factory, conveyor belt, candy being made」
(アニメ調、お菓子工場、ベルトコンベア、お菓子が作られていく様子)
です。

右のPreviewを押すとまず4枚の画像が生成されます。

気にった画像の上にマウスを持っていくと「Generate this」を表示されるのでこのボタンを押すと動画が生成されます。

約40秒~60秒ほど待ちます。

出来上がった動画が良ければ動画の上で右クリックをして「名前を付けて動画を保存」を押して保存できます。動画はmp4形式で保存されます。

上の画像で出来た動画がコチラ↓

4秒間の動画でまだ粗さも目立ちますが、これがクオリティ上がっていくと想像するととんでもない物が出来上がるんじゃないかと期待してしまいます。

似たような画像で他にも動画を作ってみました。

プロンプト入力時に画像参照

実は、下の二つはプロンプトを入力する際に1枚の参考画像を与えています。

右上の写真のマークをクリックすると、参考画像を追加することが出来ます。

他の画像AI(この画像はSeaArt.AI)で作った画像をプロンプト入力時に付け足してみたところ、お菓子工場の機械っぽさが少し加わってより複雑な動画に変わりました。

画像無し
画像有り

見比べても歴然と違いが出ています。上が参考画像無し、下が参考画像有りです。

過去に作った動画も保存される

今まで作成した動画も後からアクセス出来ます。

ホーム画面の「Assets」を押します。

その中の「Forders」をダブルクリックします。

その中に今まで作った動画が入っているのでそれぞれダブルクリックすると呼び出せます。

まとめ

いかがでしたか?

4秒間のまだ粗い動画とはいえ、文章から動画を生成するAI技術がここまで進んでいることに正直驚きました。無料の枠内でしか触っていないので有料版も触ってみたいところです。

無料版では、生成した動画の保存期間や保存量がどれほどの期間なのかまだ分かっていませんが、動画AIをちょっと触って遊ぶには充分すぎると思います。

今後もGen-2の動向には注目して追っていこうと思います。

ここまで見て頂いてありがとうございました。

画像AIの記事はこちら

現時点での(個人的な)画像AIランキングを作りました。

こちらの画像生成AIもオススメ⇩

コメント

タイトルとURLをコピーしました