ハンモックスタンドの選び方

アウトドア記事

こんにちはhacce(ハッセ)です

今回はいつでもどこでもハンモックを楽しめる

ハンモックスタンドの選び方の説明です

出典:KAMMOK

「自分の部屋にハンモックスタンドを置きたいけど

どんなハンモックスタンドを買えばいいの?

という方が多いと思いますので

なるべく後悔しない選び方をご紹介していきます

部屋の広さに入るか?

多くのハンモックスタンドは

全長が約2m~3mほどあります

部屋の中に置いてみると

思った以上にデカイです

6畳部屋に置いてます

まずはそのスペースを確保出来るかと

寝るときだけ広げたい場合は

折りたたむことが出来るものもあるので

そこも確認しましょう

ただし折り畳み可能なハンモックスタンドには

畳めるというメリットの代わりに

可動部分が多いせいかわかりませんが

使用しているうちに

ギシギシ音が鳴ることがあるそうですので

そういったデメリットも把握しておきましょう

自分の持っているハンモックの長さが合うか?

たいていのハンモックスタンドは

下の写真のように長さを調節出来るような

機能が付いていると思います

画像はKAMMOKのスウィフトレット

ですが、この調節が出来ないハンモックスタンドも

あるのでそういった箇所も先に確認することがポイントです。

スタンド本体のハンモックをかける場所が

固定されているタイプは

使用できるハンモックの

長さが決まってしまいます。

ハンモックスタンド本体で

位置調節できる方が

ハンモックの長さをある程度

許容できるのでそういうタイプの

ハンモックスタンドが良いと思います。

耐荷重は?

ほとんどのハンモックスタンドは

耐荷重が100kg~200kg以上の物が多いです

稀に100kg以下の物もあるのでここも確認が必要です

置きっぱなしか持ち運びするか?

部屋に置きっぱなしにするなら重さは

気になりませんが

キャンプにも持っていくとなると

重量組み立てやすさ

ポイントとなってきます

重量約7kg~約12、13kg以上と様々あります

頻繁に持ち運びするするとなると

なるべく軽い方がいいですね

組み立てやすさ

パタッと開くだけの物から

差し込んでネジを締めるものなど様々です

私が使用している

KAMMOKのスウィフトレットは

プッシュボタン式の差し込むタイプで

工具も必要なく

素手で取り外しや設置が可能です

しかも全体の総重量が約7kgと軽いので

素手で取り外して

手軽に持ち運び出来ます

場所移動くらいなら外さずに

そのまま片手でヒョイっと持っていけます

結局何買えばいいの?

試しにハンモックで寝てみたい人は

最初は安い物で良いと思います。

合う合わないがあるので

合わなかった場合安ければ

ダメージが少ないでしょう。

ただし、ハンモックスタンドで

フックの位置を調整出来る物に

した方が良いと思います

ある程度のハンモックに合わせる事が出来ます

ハンモックメーカーから出している物は

お値段が高めですが

軽い素材で作られているとか

工具無しで設置・撤収出来るとか

アフターフォローがしっかりしていて信頼出来るなど

メリットはあります。

KAMMOKのスウィフトレットは

長さが短めの為

身長173cmの私は

斜め寝しても若干背中が曲がってしまい

たまに違和感を感じる時があります

ハンモック本来の寝心地に100%なっていないのが

少し残念なところです。

あと50cm~1m長ければ改善されそうなのに…

KAMMOKさん下のバーにジョイントして

長さ伸ばせるアイテム作って下さい←※後日、なんと発売されました!

即購入したのでその商品の記事をまとめました↓

その長さを考慮して

今気になっているのがこちら

eno(イノー)のNomad HammockStand Royal/Charcoal ENONOMAD

長さが4.2mとかなり長いので

これにハンモックを吊るすと

ハンモック本来の寝心地を

ほぼ100%得られると思います

使用者のコメントを見るとやはり良さそうですね

部屋に置けるなら

こっちをオススメします

私も次買うならこれですね

以上、

ハンモックで包まれながら寝るのは

本当に良いですよ~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました