【水曜日のダウンタウン】五木ロボ対決に出演!黄帝心仙人(こうていせんにん)ってどんな人?

雑記

黄帝心仙人は、日本のアニメーションダンスの第一人者として、その卓越した技術と独創性で多くのファンを魅了しています。今回はそんな黄帝心仙人をご紹介していきます。

黄帝心仙人はこんな人

黄帝心仙人と書いて(こうていせんにん)と読みます。「心」の漢字をあえて読まないのは「心を読まれない為」だとか。なるほど、ミステリアスな印象をイメージされているんですね!

黄帝心仙人の経歴

黄帝心仙人は、千葉県出身で、元々はサッカー選手を目指していましたが、足首を骨折したことをきっかけにダンスに転向しました。

大学時代にダンスサークルに参加し、その後「無名の心」というユニットで活動を開始しました。

彼はアニメーションダンスやロボットダンスのパイオニアとして知られ、2006年にはユニクロのCM「UNIQLOCK」で世界的に注目を集めました​。

テレビ出演

黄帝心仙人は複数のテレビ番組に出演しており、特に日本テレビ系列のバラエティ番組『少年チャンプル』や『スーパーチャンプル』でその名を広めました。

また、『ナカイの窓』などの番組にもゲスト出演しています。

その時の動画がこちら

黄帝心仙人KOUTEISENNIN / A.I.Aチャンネルより

更に、ナカイの窓をきっかけにビートボクサーのDaichiさんとコラボして「超絶技巧のエジプトカレー」という動画を公開しています。

Daichi Beatboxerチャンネルより

黄帝心仙人の実績

黄帝心仙人は、日本のアニメーションダンサーおよび振付師として、さまざまな分野で多くの実績を積み上げてきました。以下に主な実績をまとめます。

  1. テレビ出演とCM出演
    • 日本テレビ系列のバラエティ番組『少年チャンプル』や『スーパーチャンプル』に出演し、知名度を高めました。
    • 2006年には、ユニクロのCM「UNIQLOCK」に出演し、このCMはカンヌ国際広告祭グランプリをはじめ、世界中で23の広告賞を受賞しました​。
  2. ソロ活動
    • 2009年に「無名の心」を解散し、黄帝心仙人としてのソロ活動に専念しました。
    • 2013年には株式会社タイムマシーンを設立し、ダンスイベントの開催やダンススクールの運営など、幅広い活動を展開しています​。
  3. 国際的な舞台
    • 2015年には、ダンスチーム「タイムマシーン」として「アジアズ・ゴット・タレント」に出場し、アジア初の「ゴールデンブザー」を獲得しました。
    • また、国際交流基金アジアセンターとパルコが主催する文化交流プロジェクト「ダンス・ダンス・アジア」にも日本代表として参加しました​。
  4. 著作と振付
  5. その他の活動
    • 孫正義からの依頼でPepperの開発に携わり、ロボットダンスを取り入れたパフォーマンスを行いました。
    • 2022年にはアンドロイドダンスボーカルグループ「A.I.A」を始動し、革新的なダンスパフォーマンスを展開しています​ 。

黄帝心仙人の多彩な実績は、彼の公式ウェブサイトや関連するSNSアカウントからも確認することができます。

現在の活動

現在、黄帝心仙人は自身が設立した株式会社タイムマシーンの取締役会長として活動しており、アニメーションダンスの普及や後進の育成に力を入れています。

また、ダンスチーム「タイムマシーン」のパフォーマンスやイベントの開催、そしてダンススクール「黄帝心仙人アカデミー」も運営しています。さらに、2022年にはアンドロイドダンスボーカルグループ「A.I.A」を始動しました​。

黄帝心仙人のクチコミ

SNSでのクチコミ

・「体のパーツがバラバラに動いている感じ」
・「間近に見れて光栄!凄すぎました!」
・「体の動き凄すぎ」
・「理解はできても形にならない。黄帝心仙人さんの動きすげえや」

黄帝心仙人のSNS

・Instagramはこちら
黄帝心仙人のYoutubeはこちら
黄帝心仙人のX(旧Twitter)はこちら

まとめ

いかがでしたか?
黄帝心仙人のロボットダンスや振り付けには目を見張るものがありました!
さすが日本のアニメーションダンスの第一人者といえます。

黄帝心仙人の独創性あるダンスや振り付けには今後も注目していきながら、彼の活躍を応援したいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました