ペプシマンはなぜ消えた?

雑記

1990年代後半から2000年代初頭にかけて、日本のペプシコーラの広告界に突如現れたスーパーヒーロー、それが「ペプシマン」です。

銀色のボディスーツに青いロゴを胸に掲げた彼は、独自のスタイルとコミカルな演出で多くのファンを獲得しました。しかし、いつの間にか姿を消してしまったペプシマン。彼はなぜ私たちの前から姿を消したのでしょうか?本記事では、ペプシマンの登場からその人気絶頂期、そして消えてしまった理由までを徹底解説します。

ペプシマンとは?

ペプシマンは、アメリカの炭酸飲料会社ペプシコの日本法人が制作したキャラクターです。全身が銀色のスーツをまとい、青いペプシのロゴが胸に描かれたスーパーヒーローのようなデザインが特徴です。ペプシマンは、1990年代後半に日本で登場し、そのユニークな外見とコミカルな演出で一躍話題となりました。ペプシマンはCMやゲーム、商品プロモーションなどで活躍し、特に日本国内で高い人気を誇りました。

出典:Wikipedia

ペプシマンがCMに採用されていた時期

ペプシマンは1995年から2003年にかけて、ペプシコーラのテレビCMに登場しました。これらのCMは、日本のテレビで放送され、ペプシコーラの認知度向上と売り上げ増加に大いに貢献しました。

CMでは、ペプシマンが様々な困難に立ち向かい、困っている人々にペプシコーラを届けるという内容が多く、そのコミカルな演出とヒーロー的なキャラクターで視聴者の心を掴みました

印象的なBGMに「ペプシマーーーーーーン!!!!!」というシャウトが懐かしいです。

出典:Youtube Devnulchannelより

ペプシマンがボトルキャップにされていた時期

ペプシマンは、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、ペプシコーラのボトルキャップフィギュアとしても採用されました

特に1999年から2002年にかけて、日本で販売されたペプシコーラのボトルキャップに小さなペプシマンのフィギュアが付属しており、コレクターズアイテムとして多くの消費者に親しまれました。これらのフィギュアは、ペプシマンの人気をさらに高め、商品の販売促進にも寄与しました。

出典:Youtubeより
私

私の友達が全種類コンプリートしようとして、フィギュア付きのペプシが販売されるたびに近くのコンビニやスーパーなどでペプシを買い漁っていました。

出典:Amazon

ペプシマンのフィギュアのおまけは500mlのペットボトルの首に引っ掛けられていて、中が見えない袋に入っていたので、当時は自分の欲しいフィギュアを当てるために指で形状を確認しながら購入するような人も沢山いました。
それほど当時は人気が高かったんです。

ペプシマンのゲームが10万円超え

定価2800円が現在10万円で売られているようです。

おそらく現存されている品数が相当少ないんでしょうね。

出典:Youtube キヨ。channelより

ペプシマンなぜ消えたか

ペプシマンが消えた理由はいくつか考えられます。

まず、キャラクターの役割を果たし終えたことです。
ペプシマンはペプシコーラの認知度向上や販売促進に大いに貢献しましたが、時が経つにつれてその新鮮味が薄れてきました。企業としても新しいマーケティング戦略を求める必要が出てきたため、ペプシマンから別のプロモーションへとシフトしたと考えられます。

また、2000年代初頭はペプシコーラを取り巻く市場環境が変化し、多様な競合商品が登場しました。このため、より新しいアプローチやキャンペーンが求められるようになったことも理由の一つです。さらに、キャラクターを維持するためのコストや、消費者の嗜好の変化も影響を与えた可能性があります。

総じて、ペプシマンは一時代を築いたキャラクターでしたが、企業戦略や市場環境の変化に伴い、徐々にその役割を終えたということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました