ラヴィットで桜井翔くんが紹介していた「シャンヌードル」って何?

2024年6月28日放映のラビットで桜井くんが紹介していた「シャンヌードル」ってなんだ?という声が多かったので調べてみました。

シャンヌードルとは?

シャンヌードルはミャンマーのシャン州から来た伝統的で人気のある料理で、ミャンマー国中で広く楽しまれています。この料理はスープとしても、乾燥ヌードルとしても提供されます。

主な材料には、米ヌードル、風味豊かな鶏肉または豚肉のトマトベースのソース、ガーリックオイル、チリオイル、そしてさまざまな漬物が含まれます。

シャンヌードルに使われている材料

ヌードル: 通常は米で作られ、スープバージョンには平たくて粘り気のあるヌードル、サラダバージョンにはより太いヌードルが使われます。

ソース: ソースにはしばしば、トマト、ニンニク、エシャロット、醤油、チリパウダーで調理した鶏肉または豚肉が含まれます。

トッピング: 一般的なトッピングには、ガーリックオイル、チリオイル、砕いたピーナッツ、漬けたニンジンや青唐辛子が含まれます。

シャンヌードルに使われている材料から想像する味

私は食べたことが無いので、使われている材料からシャンヌードルの味を想像してみました。

  1. トマトベースのソース:
    トマトをベースにしたソースは、甘みと酸味があり、鶏肉や豚肉と合わさることで、濃厚でリッチな味わいになります。特にトマトがしっかりと煮込まれているため、自然な甘さと深い旨味が感じられます。
  2. ガーリックオイル:
    たっぷりのガーリックオイルは、料理に芳醇な香りと深みを加えます。ガーリックの香ばしい香りと軽い辛味が全体の味を引き立て、食欲をそそります。
  3. チリオイル:
    チリオイルはピリッとした辛さを提供します。適度な辛味が食材の風味を引き立て、後味に少しの刺激を残します。辛さが苦手な方でも調整可能なので、自分好みの辛さで楽しむことができます。
  4. 漬物:
    ニンジンや青唐辛子の漬物は、酸味と爽やかなシャキシャキ感を提供します。これが濃厚なソースやヌードルと対比することで、全体のバランスを整え、さっぱりとした後味を残します。
  5. 砕いたピーナッツ:
    砕いたピーナッツは、食感にアクセントを加えます。ナッツの香ばしさと軽い塩味が全体の味に奥行きを与えます。
  6. 米ヌードル:
    シャンヌードルの主役である米ヌードルは、もちもちとした食感が特徴です。米ヌードルの淡白な味が他の具材やソースとよく絡み、全体の味を一体化させます。

これらの材料が組み合わさることで、シャンヌードルは甘み、酸味、辛味、塩味が絶妙にバランスした、多層的な味わいを楽しむことが出来そうですね。

濃厚なソースと香ばしいオイル、爽やかな漬物、そしてもっちりとしたヌードルが一体となり、非常に満足感のある一品だと推測します。

東京でシャンヌードルを食べることの出来るお店

Mya Myint Mo Myanmar Restaurant(ミャ ミィン モ): このレストランは、早稲田駅の高田馬場出口のすぐ近くに位置し、ミャンマー料理を提供しています。シャンヌードルをはじめ、様々なミャンマーの伝統料理を楽しむことができます。価格も手頃で、雰囲気も良く、現地の雰囲気を感じられる店内です。

Nong Inlay ノング インレイ:TV番組「孤独のグルメ」にも登場したミャンマーの本場シャン料理を提供するミャンマー料理店

・95YOOYA:恵比寿のビール坂中腹あたりにあるミャンマーと雲南料理のお店。

ミャンマーでシャンヌードルの人気のお店

ヤンゴンでよく知られたシャンヌードルのお店として、999 Shan Noodle Shopがあります。この店は地元の人々や観光客の間で本格的な味とフレンドリーな雰囲気で高く評価されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました