寒さ知らずの冬キャンプ!足元から温かさを確保する裏ワザとは?

寒冷地でのキャンプ愛好者必見!足の裏に貼るだけで快適な冬キャンプのすすめ

氷点下での冬のキャンプは、美しい雪景色や澄み渡る空気など、特別な魅力がありますが、その一方で寒さへの対策が欠かせません。

極寒の気温の中や、しんしんと雪が降り積もる中でこそキャンプの醍醐味!と言っている変態キャンパーさん(イイ意味でですよ)。

どんな防寒をしながら冬キャンプを楽しんでいるの?という声を聴いたので、変態キャンパーの仲間入りをしている私が冬キャンプでの防寒方法をお伝えしていこうと思います。

特に足元の寒さは全身の寒さを感じやすくし、キャンプを楽しむどころじゃないことになってしまいます。

そこで、今回は手軽で効果的な対策として、足の裏にカイロを貼るメリットをご紹介します。

足元からの温かさ確保

寒冷地でのキャンプでは、特に足元の保温が重要です。なぜなら、寒さを感じると体温調整機能が働き、全身の血流が制限されてしまうからです。その結果、寒さ対策を怠ると体感温度が一気に下がり、楽しいキャンプが苦痛に変わることもあります。

足の裏にカイロを貼ることで得られるメリットは大きく、以下のポイントが挙げられます。

  1. 足の裏を冷やしてしまうと、上半身をどんなに防寒していてもどんどん身体が冷えていってしまいます。足の裏を温めることでそれを回避出来ます。
  2. お値段の高いインソールを使うよりも足の裏用のカイロを使う方が安価で気楽に使用できます。

使い方は通常のカイロと同じ

  1. カイロの袋を開封し、中の発熱体をこねて活性化させます。
  2. カイロを足の裏の靴下の外側や直接靴の中に貼り付けます。
  3. 長時間活動する場合は、必要に応じて新しいカイロと交換します。

どんなカイロ使えばいい?

私はたまに通常の貼るカイロを足の裏に貼る事があるんですが、足の裏専用の物じゃないと体重の負荷がかかり危険らしいので、なるべく足の裏専用カイロを使用しましょう。

こちらは靴下の裏に貼るタイプのつま先サイズですね。

こちらは足の裏全体をカバー出来るサイズですね。冬キャンプのようにずっと雪の上にいたり寒がりな方はこちらのサイズをオススメします。

更に冷え性の人は足の甲に貼るタイプと裏に貼るタイプを合わせてダブルで使いましょう!これは暖かいですよー!

まとめ

寒冷地での冬キャンプをより快適に過ごすためには、足元からの温かさ確保が欠かせません。カイロを足の裏に貼ることで、手軽かつ効果的な対策が可能です。

これは本当にオススメです!!

この足裏カイロで冬キャンプを体験したらもうこれ無しでは雪中キャンプ出来ない程です!

寝る時もこのままシュラフに入れば足元がポカポカしたままシュラフの性能以上の暖かさを体感出来ます!

また冷え性の人にも絶大な効果があるそうなので普段から足元から全身が冷えている方は試す価値はあります!

ぜひこの冬、足元から暖かさを取り入れて、素敵なキャンプ体験をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました